Don't Starve 攻略 Wiki
Advertisement
Don't Starve 攻略 Wiki

登場作品:Don't Starve Together icon.pngDon't Starve Together

Year of the Varg(ヴァーグの年)Don't Starve Togetherにて導入されたイベントです。開催期間は2018年2月9日から3月16日になります。ヴァーグは犬型のモブ、すなわちヴァーグの年とは2018年の干支が戌年であることからきています。同様に2017年に開催されたゴブラーの年ゴブラーが鳥であることと、干支の酉年からきています。

基本的なシステムは前年のゴブラーの年と同様で、イベントアイテムはOfferingsタブから作成することで得られます。ただし今回は作成できるアイテムが一部変更・追加され、アイテムの素材であるLucky Gold Nugget(幸運の金塊)を手に入れる条件が変更されています。

イベント期間中にゲームにログインすると「Knitted Puppy Hat」のスキンを受け取ることができます。

イベント終了後もワールド設定画面の「Events」の項目を「Year of the Varg」に設定すればイベント中のワールドを再現することができます。(ただしイベント限定スキンを受け取ることはできません)

Varg Shrine.png Varg Shrine[]

Wendy Portrait.png
We must light a fire to honor the hound.

Wendy

Varg Shrine(ヴァーグの社)建造物タブから作成できる建造物であり、作成には金塊8つと2つ必要です。プロトタイプを作成する必要は無く、いつでも作成可能です。ここに松明を供えることで社は「稼働」状態となり、近くに立つと奉納タブを開くことができます。ここでイベントアイテムである幸運の金塊を使って様々なアイテムを作成することができます。

社の稼働時間は供えた松明の残り耐久値に依存し、通常の松明の20%の早さで耐久値が減っていきます。すなわち100%の耐久値を持つ通常の松明は75秒分燃え続けるのに対し、社に供えた松明は375秒間(6.25分)燃え続けることになります。松明が消えると社は「非稼働」状態となります。

Clay Varg[]

Wilson Portrait.png
A terror cotta monster!

Wilson

Clay Varg(クレイヴァーグ)は、ヴァーグの社を稼働状態にしたまま怪しげな泥の山を辿っていくとヴァーグの代わりに発生するモンスターです。12体のクレイハウンドに囲まれた状態で置物のように設置されていますが、プレイヤーが近づいてしばらくすると動き出します。

通常のヴァーグと同じ体力と攻撃力ですがこちらは炎と睡眠に耐性を持っており、ハウンド(もしくはクレイハウンド)を召喚する能力は持っていません。倒すとモンスターの肉の代わりに赤い袋を4~6個、加えてハウンドの牙を1~3個落とします。

Clay Hound[]

WX-78 Portrait.png
>CMD [/SIT]

WX-78

Clay Hound(クレイハウンド)は、クレイヴァーグと共に発生するモンスターで、クレイヴァーグの左右に6体ずつ計12体のクレイハウンドが控える形で置物のように設置されています。

通常のハウンドと同じ体力と攻撃力ですがこちらは炎と睡眠に耐性を持っておりやや動きが遅いです。倒すと20%の確率で赤い袋、さらに10%の確率でハウンドの牙を落とします。

Red Pouch.png Lucky Gold Nugget[]

Waxwell Portrait.png
Gold's gold as far as I'm concerned.

Maxwell, when examining a Lucky Gold Nugget.

Lucky Gold Nugget(幸運の金塊)はクレイヴァーグやクレイハウンドがドロップするRed Pouch(赤い袋)から得られます。これを使用して奉納タブのアイテムを作成できます。

Lucky Gold Nugget.png Offerings Tab[]

Glommer.png こちらも参照: Offerings Tab (Year of the Gobbler)Offerings Tab (Year of the Pig King)

It wants to give us presents!

Webber

タブアイコン

Offerings(奉納)タブではさまざまなアイテムを作成できます。古代タブにおけるAncient Pseudoscience Stationと似ており、プロトタイプを作成することはできないためこのタブのアイテムを作る際は必ずヴァーグの社の近くに立つ必要があります。

以下はヴァーグの社限定のアイテムです:

以下は全ての社に共通するアイテムです:

Lucky Whistle[]

Winona Portrait.png
This oughta give them paws pause.

Winona

Lucky Whistles(幸運の笛)は幸運の金塊3つで交換できるアイテムです。耐久値は10回分で、吹くと周囲のハウンドまたはクレイハウンドを40秒間手懐けることができます(最大5匹まで)。手懐けたハウンドはプレイヤーに襲い掛かることは無くなり、大人しく付いて回ります。ただし他のモブに対しては通常通り攻撃を行います。

Figure Sketches[]

Wolfgang Portrait.png
Picture will help Wolfgang carve nice rocks!

Wolfgang

Clay Hound Figure Sketches(クレイハウンドの彫像スケッチ)Clay Varg Figure Sketches(クレイヴァーグの彫像スケッチ)はそれぞれヴァーグの社にて幸運の金塊を前者は8個、後者は16個奉納することで交換してもらえます。このスケッチをろくろに与えることで彫刻を作成できるようになります。

Potter's Wheel.png Figures[]

Webber Portrait.png
That's a big, bad dog.

Webber, ヴァーグの彫刻を調べた時

Woodie Portrait.png
All the dog, none of the smell.

Woodie, ハウンドの彫刻を調べた時

Varg Figures(ヴァーグの彫像)Hound Figures(ハウンドの彫像)はそれぞれのスケッチろくろに与えた後、Sculptタブから作成することができます。まずはろくろに大理石切り石月の破片を置きます(大理石を置けば白、切り石を置けば黒、月の破片を置けば半透明の緑の彫像ができる)。その後に材料として2つを準備することで彫刻を作成することができます。

用途としては主に装飾用であり、チェスの駒と同様プレイヤーの体装備に装着して好きな場所へ持ち運ぶことができます。

Placeholder.png トリビア[]

  • このイベントと同時に「The Verdant」シリーズスキンが実装されました。
  • このイベントは最初の予定では3月1日に終了する予定でしたが、実際その日が来た時にイベントを3月16日まで延長する旨が発表されました。
  • イベント中はメインメニューのBGMがアジアの楽器がわずかに織り交ぜられたアレンジ版に差し替えられています。
  • ハウンドの彫像のクラフト説明文にある「It ain't nothing but a clay hound dog.」というフレーズはエルヴィス・プレスリーの楽曲「ハウンド・ドッグ(原題:Hound Dog)」が元ネタとなっています。
  • イベント開催時にVarglingのスキンが2種類追加されました(「Pedigree Vargling」と「Purebred Vargling」)。なお、このデザインは中国発祥の犬種であるチャウ・チャウシーズーが元ネタであると考えられます。
  • 公式配信「Rhymes with Play」第179回にて、イベント限定のヴァーグとハウンドが土製のデザインになった理由は、2018年の干支は戊戌(つちのえいぬ)であったため、と説明しています。

Blueprint.png ギャラリー[]

イベント
季節イベント Hallowed Nights(2016-) • Winter's Feast(2016-) • Year of the Gobbler(2017) • Year of the Varg(2018) • Year of the Pig King(2019) • Year of the Carrat(2020) • Year of the Beefalo(2021) • Midsummer Cawnival(2021)
限定イベント The Forge(2017年11月9日~2017年12月4日)(2018年11月8日~2018年12月3日)
The Gorge(2018年6月14日~2018年7月16日)
Advertisement