Do you like science?(科学は好きかい?)

Wilson

Wilson Percival Higgsbury(ウィルソン・パーシバル・ヒグズベリー)は、最初に使えるキャラクターで、Don't Starve Togetherにおいてプレイできる12人のキャラのうちの1人です。2012年後半のDon't Starveの発表の際に彼がゲームの主役であること、また生い立ちが判明する一番最初のキャラであることを紹介しました。彼はダジャレ好きのユーモアあふれる科学者崩れです。妙な髪形はアルファベットの"W"のようにも見えます。

ウィルソンの唯一の能力はものすごいヒゲが生えることです。このヒゲはサバイバル生活において有力なアイテムであり、厳しいを乗り越えたり早期にMeat Effigy(身代わり人形)を作って命を長らえたりするのに役立ちます。Health(体力)Hunger(満腹度)Sanity(正気度)はデフォルト値に設定され、欠点はありません。このオールラウンダーなステータスが彼の長所とも言え、初心者から上級者まで多くのプレイヤーに愛されています。

Minimap Maxwell's Door.png バックストーリー

Say pal, looks like you're having some trouble! I have secret knowledge I can share with you, if you think you are ready for it.(やぁキミ、お困りのようだね?お望みであれば、私が秘伝の知識を授けてやろう)

–「Forbidden Knowledge」ムービーより、ラジオのセリフ

Don't_Starve_Forbidden_Knowledge

Don't Starve Forbidden Knowledge

かつてのウィルソンは山奥のボロ小屋に住み込んで実験ばかりしていました。あるとき、実験がうまく行かず塞ぎこんでいたウィルソンにラジオから謎の声が語りかけてきました。声の主は、もし君が望むのならば「秘伝の知識」を分け与えてやろう、と提案します。ウィルソンが二つ返事で了承すると、ラジオから膨大な知識が頭のなかに流れ込んできました。

新たな知識をもとにウィルソンが不思議な機械を作り上げると再び声が聞こえました。「よくやった!さあレバーを引くのだ」ウィルソンはためらいましたが、結局促されるままレバーを引きました。機械が稼働しポータルが開くと、声の主・マクスウェルの高笑いが響き渡りました。まんまと騙されたウィルソンは影の手に捕らえられ、The Constantの世界へと引きずり込まれてしまいました。

Beard.png 特殊能力

各段階のヒゲの伸び具合の違い

ウィルソンの特殊能力はヒゲがもじゃもじゃ生えることです。このヒゲには2つの使い道があります:

  • 凍結までの時間を遅らせます。(時間はヒゲの伸び具合によって変わります)
  • カミソリでヒゲを剃ることで10Sanity Meter.png回復します。剃り落としたヒゲ身代わり人形の材料となります。(通常、ヒゲはわざと正気度を減らして特定の動物を倒すことでしか手に入りませんが、ウィルソンならノーリスクで簡単に入手することができます)

以下は各段階ごとのヒゲが伸びるまでの期間と剃った時に落とすヒゲの量、冬において凍結を遅らせる時間について表にしたものです:

伸びるまでの期間 長さ 剃った時にBeard Hairを落とす個数 防寒度 体温低下速度(度/秒)
4日 短いヒゲ 1 (0.25/日) 15 -0.67
7日 長いヒゲ 3 (0.43/日) 45 -0.4
15日 ものすごいヒゲ 9 (0.6/日) 135 -0.18

ウィルソンが死ぬ(もしくは復活する)とヒゲは無くなります。また、伸ばしたヒゲはそのまま洞窟遺跡に持っていけます。

Gift Icon.png ダウンロードコンテンツ

Reign of GiantsShipwreckedドライシーズンでは、ヒゲを伸ばしたままだと熱中症になるまでの時間を早める原因となってしまうので気を付けましょう。ウィルソンのセリフは各ダウンロードコンテンツごとに変化しています。

Prototype.png ワンポイント

Glommer.png こちらも参照:Guides/DST 各キャラクターの立ち回りまとめ

  • 無印においてヒゲが最大まで伸びた状態になるのは16日目からで、デフォルト設定だと冬は21日目から始まります。よってまでにヒゲを十分に蓄える余裕があります。これとサーマルストーンを準備すれば冬での活動がとても楽になります。
  • 最初の冬は20日からなので、4日目にヒゲを剃っても冬までにまた最大レベルまでヒゲを生やせます。のアイテムと違ってヒゲは耐久値がありませんので剃らない限りずっと残しておくことができます。
    • ただしRoGまたはDSTの夏やSWのドライシーズンでは熱中症になる時間を早める原因となるのですぐに剃りましょう。
  • ヒゲを伸ばすことで防寒対策を行うための資源集めなどの労力を減らすことができます。その上で防寒着を身に着ければさらに長い間暖を取らなくても行動を続けることができます。これは例えば冬のコアレファントを探すために長らく行動する必要がある時にとても便利です。
  • もしヒゲに頼らず冬に向けて準備する場合はコアレファントを捕らえて風通しの良いベストを作ったり、冬の食料源兼ウサギの耳当ての材料のためにウサギを捕らえるための十分な を作ったり、火の燃料として多くの丸太を蓄えておきましょう。
  • もし冬に入るにあたって防寒具を余るほど持っているのならあえてヒゲは剃ってしまって身代わり人形の材料に充ててしまうのも手です。16日目に剃ったなら9つのヒゲが得られます。(人形の材料には4つ必要なのでこれで2回分作成できる)その分凍結までの時間は早くなりますが防寒具がその分をカバーしてくれますし、人形の恩恵はデメリットの要素を差し引いても十分に大きいです。注意すべきなのは第3段階になる前にヒゲを剃ってしまわないことです。第1~2段階だと一回のヒゲ剃りでは人形を作るための十分な材料がそろいません。もしうっかり剃ってしまったなら後のために大切に取っておきましょう。
    • 最短で11日目に身代わり人形を作成することができます。(4日後に第1段階で1つ、さらに7日後に第2段階で3つ)これは非効率ではありますが、最も早く材料が集まる方法でもあります。(正気度を下げてて黒ウサギを捕らえる方法を除いて)
    • 材料の×4を手に入れやすくする為、拠点の近くにブタの小屋を数軒建てると良いでしょう。モンスターの肉を4つブタに食べさせウェアピッグに変身させてから倒せば確定で2個の肉が手に入ります。4つ持っていなければ満月を見越して肉を1つあげて夜を共に過ごし、変身中に倒してしまいましょう。
  • ヒゲは16日過ぎたら後はいくら時間が経過しても変化することはないので冬が来るまで期間が空くようならいっそのこと剃ってしまう方が良いでしょう。
  • 正気度の回復手段としてヒゲを剃る場合、5日ごとに剃るのが一番効率が良いでしょう。
  • Wooden Thingで別の世界へ移動するとき、ヒゲは伸ばした状態のまま持ち越すことができます。これはアドベンチャーモードで「King of Winter」や「The Game is Afoot」のステージに行き着いたとき特に有利になります。

Placeholder.png トリビア

ゲーム内

  • ウィルソンの声の元はトランペットです。正確にはハーマンミュートかカップミュートを付けたトランペットです。
  • ヒゲを最大まで伸ばした状態でPuffy VestBeefalo Hat、を身に着けた場合の防寒度は615となり、体温低下速度は-0.0465度/秒、すなわち体温が1度下がるのにかかる時間を21.5秒も遅らせることができます。
    • ウィルソンはヒゲによる恩恵を得られる3人のキャラのうちの1人です。他の二人はRoGにおけるウェバ―と、DSTにおけるウッディです。(ただし、剃ることで純粋にアイテムとしてのヒゲを得られるのはウィルソンだけです。)
  • Insanity!」アップデートで他のキャラもヒゲを入手できるようになったため、身代わり人形を作れることは彼だけの特権ではなくなりました。
    • さらに、ウッディとウェバ―の登場により、彼はヒゲの生える唯一のキャラではなくなったのです。
  • Strange New Powers」アップデートでは全てのキャラの中で唯一変更が加えられませんでした。しかし「All's Well That Maxwell」アップデートでようやく彼特有の能力が追加されました。
  • ウィルソンは全キャラで唯一欠点のないキャラです。
    • しいてヒゲを伸ばしっぱなしにした場合RoG、DST、SWで熱中症になりやすくなるのが欠点となります。
  • ゲームのデータファイルにはウィルソンの頭蓋骨のグラフィックがあります。
  • 2013年11月14日のアップデート以前は、ウィルソンのセリフデータの多くが他キャラクターにも使いまわされていました。
    • 特に、まだベータ段階にあるオブジェクトは全てウィルソンのセリフを使いまわしていました。
  • Steamではウィルソンのチャット絵文字があります。
  • Team Fortress 2ではDon't Starveコラボとしてウィルソンの髪型を模した 帽子Ham Batの武器があります。
  • DLCではに当たると髪の毛の中にも骨があることがわかります。(これは他のキャラも同様)

バックストーリー

  • 昔のDon't Starveのウェブサイトのブログで、2012年6月から3回にわたって「Wilson's Field Notes(ウィルソンの手記)」という連載記事が投稿されました。これはThe Constantでのウィルソンのサバイバル生活を彼自身の視点で記録したものとなっています。
  • 開発者のKevin Forbes氏はウィルソンについて「科学などの知識の探求に没頭している富裕層」と述べています。また、「科学者としてはいまひとつ」とも発言しています。[1]
  • ウィルソンのフルネーム(Wilson P. Higgsbury)はもともと、「ウィルソンの名刺」というコンセプトでKleiの会議へ提出されたプレゼン用の資料に書かれた名前であり、それがそのままゲーム本編に採用されたものとなっています。また「P」の意味についてユーザーから質問を受けたKevin氏は「Percival」の略であると回答しました。[2]
  • 今は公式から一般公開されていますが、もともと「Forbidden Knowledge」ムービーはForbidden Knowledge Trailer Puzzleを解くことで見られる隠しコンテンツでした。なお、キャラクターの生い立ちを紹介するムービーはこれが第一弾となります。
  • 飛び交う文字の中に書かれているURLのリンク先にはウィルソンの作成した機械があり、レバーの部分をクリックすると公式HPのゲーム紹介ギャラリーに飛ばされます。
  • ウィルソンの年齢は30代前半です。[3]
  • ウィルソンの出身地ははっきりとは決まっていませんが、アメリカ在住のヨーロッパ系移民をイメージしているとのことです。[4]
  • KleiのQRコードにはウィルソンの顔が描かれているものがあります。現在2つのコードが確認されており、一つは「Progress!」アップデートのムービーに表示されたもので、マクスウェルの画像が書かれた隠しパズルのページへ移動するものと、もう一つはKleiのグッズ販売ページへ移動するものがあります。
  • ウィルソンはフルネームが判明しているキャラクター4人のうち1人です。(あとの3人はマクスウェルウィーラーワグスタッフ
  • 「Guest of Honor」シリーズのスキンに書かれている説明文によると、ウィルソンはフォーマルなパーティーが苦手なようです。
  • イベント「The Forge」では倒れた仲間を素早く、かつ体力を大幅に回復させた状態で復活させる能力があることから、ウィルソンは医学方面の知識も持っていると考えられます。他にも、義足を調べた時に使い方を把握しているようなセリフを言ったり、「Victorian」シリーズのスキンのセリフでは「The root of all malady lies in an imbalance of the humors.(病は血液、粘液、黄胆汁、黒胆汁のバランスが崩れることで起こるんだ)」と四体液説を唱えています。
  • ウィルソンは髪型に強いこだわりがあるらしく、麦わら帽子を調べた時の「Hats always ruin my hair.(帽子をかぶると、髪型が崩れてしまう)」というセリフや、(DST版)を調べた時の「I always hate when my hair gets wet and poofy.(ぬれた髪は、乾くとゴワゴワになるんだ)」というセリフをはじめとした、髪型を気にするセリフが数多く存在します。
  • The Gorgeのワールドにある街灯を調べると「Huh. Reminds me of home.(ふん…実家を思い出すよ)」と呟きます。
  • 母ヤギを調べた時の「Reminds me of my old nanny.(ばあやを思い出すよ)」というセリフから、彼にはNanny(ナニー/ばあや)がいたようです。

元ネタ

  • ウィルソンの攻撃時のセリフ「GO FOR THE EYES!(目を狙えェ!)」はバルダーズゲートシリーズ、ミンスクの有名なセリフです。
  • Forbidden Knowledge」ムービーにて、ウィルソンがラジオを持ち上げた時のシーンでは『スター・ウォーズ』シリーズに登場する「TIEファイター」やガメラのようなカメの怪物、ウィトルウィウス的人体図』の真ん中の男がウィルソンになった絵、そして「KLEI」をはじめとしたさまざまな文字が流れます。
  • ウィルソンという名前は、無人島サバイバル映画「キャスト・アウェイ」に登場するバレーボールの名前(ウィルソン)から着想を得ていると考えられています。
    • ダウンロードコンテンツ「Don't Starve: Shipwrecked」ではこのバレーボールのパロディアイテムである、バスケットボールのRawlingが登場します。
  • 「Gentleman Scientist(紳士科学者)」とは「自己資金で個人的な探究活動・研究を行うアマチュア研究者」を指しており、近年の「Citizen Scientists(市民科学者)」がそれに近い立ち位置となっています。20世紀以前はまだ大学や政府の研究機関に雇われた研究者がメインでは無く、このような個人の研究活動が科学を担っていました。(著名人としてはアイザック・ニュートンベンジャミン・フランクリンチャールズ・ダーウィンなどがこれにあたる)[5]
  • 「The Magmatic」シリーズのスキンにおけるウィルソンのデザインは「アバター 伝説の少年アン」の登場人物・ズーコ王子が元ネタであると考えられています。

Blueprint.png ギャラリー

Glommer.png メイン記事:Wilson gallery

Gramophone.png 音声

通常ボイス
ダメージ時
死亡時
溺死時(Shipwrecked icon.png)
溺れている時(Don't Starve Together icon.png)
ゴースト状態時(Don't Starve Together icon.png)
「/sleepy(眠い)」の感情モーション実行時(Don't Starve Together icon.png)
「/yawn(あくび)」の感情モーション実行時(Don't Starve Together icon.png)
「/carol(キャロル)」の感情モーション実行時(Don't Starve Together icon.png)

脚注

  1. Jenesee Grey氏によるKevin Forbes氏へのインタビュー:(5:58より)「Wilson is a gentleman scientist, which was an actual thing back when. He's a person of independent means who has decided to apply his intellect, such as it is, to science. He's not actually a very good scientist. He's overconfident, a little brash. He's got a can-do attitude, but he can't actually follow up on a lot of things.(ウィルソンは「紳士科学者」という立ち位置の人物だ。働かずとも暮らしていける富裕層で、もっぱら科学などの知識の探求に没頭している。ただ、科学者としてはいまひとつ。自信過剰で、やや向こう見ずなところがある。やる気だけは十分だが、結局ほとんど成し遂げられずに終わっている。)」(インタビュー日時:2013年1月22日、投稿日:2013年2月18日)
  2. 公式フォーラム「What means the P in the name?(名前のPの意味は?)」のスレッドより、Kevin Forbes氏の回答:「I'm pretty sure it's Percival.(PercivalのPだよ。)」「By pretty sure, I mean I think that's what I had in mind when I wrote the "P." on the special promotional Wilson business cards that we got made for a conference, and from which Wilson got his name.(一応ちゃんとした由来があって、これはもともと会議へ提出するプレゼン用のキャラ名刺に書いた名前なんだ。ウィルソンの名前もここから決まったというわけ。)」(投稿日:2012年10月9日)
  3. ウィルソンとウィローの年齢についての言及(Klei EntertainmentのFacebookより):「Wilson is in his early 30's. We never really established where Wilson is living or from but the "Gentleman Scientist" theme does kind of come from a "Proper English Gent" kind of personality. The story is 1920-ish. Willow is roughly in her early 20's.(ウィルソンの年齢は30代前半としている。出身ははっきりとは決めていないが、とりあえず「上品な英国紳士」の「紳士科学者」というコンセプトで練っているよ。時代は1920年代頃という設定。ウィローは大体20代前半かな。)」(投稿日:2014年6月17日)
  4. ウィルソンの出身地についての言及(Klei EntertainmentのFacebookより):「We never really set this in the lore, but I can say he is roughly designed as a European, maybe a European USA Immigrant? We never really picked a home land for him. His era is inspired by the 1920's so everyone was a little bit more proper back then.(はっきりと決めているわけでは無いが、とりあえずウィルソンはヨーロッパ人で、アメリカに移民してきた?みたいなイメージ。厳密な生まれ故郷は決めてない。時代背景は1920年代をイメージしているので、キャラクター達もそれに準じた振る舞いをしている。)」(投稿日:2014年1月7日)
  5. The Dictionary of Modern Medicine(近代医学事典)における「Gentleman Scientist」の定義(246ページ目)
キャラクター
Don't Starve Wilson (セリフ ⋅ 衣装) • Willow (セリフ ⋅ 衣装) • Wolfgang (セリフ ⋅ 衣装) • Wendy (セリフ ⋅ 衣装) • WX-78 (セリフ ⋅ 衣装) • Wickerbottom (セリフ ⋅ 衣装) • Woodie (セリフ ⋅ 衣装) • Wes (セリフ ⋅ 衣装) • Maxwell (セリフ ⋅ 衣装) • Wagstaff (セリフ ⋅ 衣装)
Reign of Giants Wigfrid (セリフ ⋅ 衣装) • Webber (セリフ ⋅ 衣装)
Shipwrecked Walani (セリフ ⋅ 衣装) • Warly (セリフ ⋅ 衣装) • Wilbur (セリフ ⋅ 衣装) • Woodlegs (セリフ ⋅ 衣装)
Hamlet Wilba (セリフ ⋅ 衣装) • Wormwood (セリフ ⋅ 衣装) • Wheeler (セリフ ⋅ 衣装)
Don't Starve Together Winona (セリフ ⋅ 衣装) •  Wortox (セリフ ⋅ 衣装) Wurt (セリフ ⋅ 衣装) Walter (セリフ ⋅ 衣装)
削除キャラ Warbucks (セリフ ⋅ 衣装)
未実装キャラ Wilton • Winnie • Wallace • Waverly • Pyro • Watricia
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。