Don't Starve 攻略 Wiki
Advertisement
Don't Starve 攻略 Wiki
What year is it out there? Time moves differently here.
(向こうでは何年経ったろうな。 こことは時の流れが違うみたいだ。)

Maxwell

The ConstantとはMaxwell's World(マクスウェルの世界)としても知られる現実世界とは異なるパラレルワールドの名称で、ゲーム内におけるDon't StarveおよびDon't Starve Togetherの出来事はこの世界を舞台に展開されていきます。プレイキャラ達はマクスウェルのドアを通じて現実世界からThe Constantの世界へと飛ばされ、サバイバル生活を強いられることとなります。

この世界は「Them(奴ら)」と呼ばれる者によって支配されていますが、後にマクスウェル悪夢の玉座に捕らえて彼に世界を統べる未知なる力を与え、新たな生命を生み出すといった能力を授けました。

パラレルワールドとは言っても中には現実世界と似通った部分も多くあります。例えば昼~夜の一日のリズム季節、各バイオーム等の自然の変化や現実のカラス、七面鳥、牛によく似たカラスゴブラービーファローといった生き物です。逆に現実世界とThe Constantとで全く異なる性質を持っている者として、人間のように二足歩行で歩き独自の文化を形成しているブタや、伝説上の生き物とされている「ジャッカロープ」とよく似た角の生えたウサギ、明らかに実物より大きく一つの巣に複数で生活しているクモなどが挙げられます。

加えてThe Constantには現実世界にも存在し得ない独自の生き物が数多く存在します。例えば一つ目で飛べない鳥、トールバードや夏とで姿を変えるコアレファント、季節限定で姿を現すディアクロプス(ダウンロードコンテンツ「Reign of Giants」であればムース/グースドラゴンフライベアジャーも)などが挙げられます。

Don't Starveの舞台はゲーム内でマップを見る限り大きな島の形をしていますが、マクスウェルがムース/グースを調べた時の「It's definitely from the North, whatever it is.(とりあえず、コイツは北からやって来たということは間違いないな)」というセリフからThe Constantの世界にはマクスウェルですら知り得ない存在や場所があることがわかります。(しかし、その場所も「奴ら」によって支配されているかどうかまではわかりません)また、華やかな門プロフィール背景の説明文によるとDon't Starve Togetherのプレイキャラたちは別々の次元のさまざまな島に散り散りになっているのをこの門を通して一つの次元へ呼び出しているとのことです。

島にある洞窟の入り口を開けると洞窟へと行くことができます。さらに奥に行くと遺跡が存在し、そこでは大昔に虫のような姿をした民族により栄えた古代文明の跡が確認できます。古代の壁画Metheus Puzzlesの壁画などから判断するに、古代人は悪夢の燃料の過剰生産により滅びてしまったようです。また、彼らは影の怪物およびマクスウェルが世界を支配する以前に存在していたと予想されます。

Placeholder.png トリビア[]

  • The Constantという名前の初出はイベント「The Forge」にて追加されたアイテムの説明欄です。
  • バトルマスター・プグナいわく、The Constantは「hub」と呼ばれる場所から隔離された次元であるとのことです。(Kleiの配信「Rhymes with Play」の第162回目より)
Advertisement