FANDOM


Freedom, at last!
(自由だ、ついに!)

Maxwell

Maxwell(マクスウェル)(またの名をWilliam Carter(ウィリアム・カーター))はDon't Starveにおいて経験値ではアンロックできないキャラクターの一人です。ゲームの敵対者という立ち位置ですが、アドベンチャーモードの終盤で彼を解放してやることでサバイバルモードのDon't Starveの世界に送られ、プレイキャラとして操作することが可能になります。見た目も頭身が縮まり普通のお洒落な人間の姿へと戻ります。

彼は影の扱いに長けており、コーデックス・アンブラを使って自身の影の分身を生み出すことができます。またゲーム開始時から有用な武器、防具、アイテムを所持しています。体力は75とかなり低いですが、それを補って余りある正気度回復能力を持ち合わせています。従って、彼を使用するときはなるべく自分が前線に立つようなことはせず、持ち前の正気度を駆使して影と共に生活していくプレイスタイルとなるでしょう。

Lock アンロック方法編集

Glommer メイン記事:Adventure Mode

マクスウェルのアンロックにはアドベンチャーモードでランダムに選ばれる5つのステージを乗り越えた後、最終章にて悪夢の玉座に捕らえられている彼を解放してやる必要があります。玉座の近くにある悪夢の鍵ダウジングロッドを挿し込めばその時使っているプレイキャラと入れ替わる形でマクスウェルがプレイキャラになります。

Codex Umbra 特殊能力 編集

Shadow Summon

Maxwell fragmenting his mind.

Glommer メイン記事:Codex Umbra

マクスウェルはそのオシャレな身なりのおかげで、正気度が自動で12.5Sanity/分ずつ回復していきます。また彼はゲーム開始時からダークソードナイトアーマー紫色の宝石悪夢の燃料x4と専用アイテムであるコーデックス・アンブラを所持しています。

コーデックス・アンブラはウィッカーボトムと似たようなアイテムですが、こちらは耐久値はなく無限に使用することができます。読むと15HealthMeter、悪夢の燃料2つ、正気度の最大値55を犠牲にして自身の分身「シャドウパペット」を召喚することができます。マクスウェルの正気度の初期値が200であるため、同時にパペットを召喚するのは3体まで(残り正気度35)となります。パペットはマクスウェルが戦闘をすると加勢し、採掘伐採を行っていると作業を手伝ってくれます。戦闘でダメージを受けて死なない限りは最大2.5日まで活動してくれ、時間が来るとその場に倒れ込んで消えてしまいます。消えた際は1体につきマクスウェルの正気度最大値が55回復します。

欠点編集

マクスウェルは体力が75と致命的に低く、十分な防具の準備が無い限り戦闘は非常に危険なリスクを伴います。また、彼の正気度回復能力が仇となって狂気状態を維持し続ける事が難しくなっています。これは例えば、正気度を下げて悪夢の燃料を集める作業がしにくくなることを意味します。

Gift Icon ダウンロードコンテンツ 編集

Shipwrecked(SW)では、シャドウパペットたちはマチェットによる伐採作業も手伝うようになります。また、海を渡れないブタなどの仲間キャラと違いマクスウェルが海上に出てもパペットたちは影でできたボートに乗り込み付いて行くことができます。

Prototype ワンポイント 編集

  • マクスウェルの初期アイテムはかなり強力な物であるため、好調な滑り出しを期待できます。特に防具と剣は他の装備に比べて効果が高く、また装備時は正気度が減っていくというデメリットもマクスウェルなら大幅に軽減することができます。
  • シャドウパペットを複数体召喚すると正気度の最大値も大幅に減少しますが、逆にこれを利用して長時間狂気状態を維持し続ける事が可能となります。できるだけ最大値を下げた後、防具と剣を同時に装備すれば10Sanity/分正気度が減っていくため容易に狂気状態へと移ることができます。正気に戻りたいときは装備を外せば彼自身の自己回復能力で元に戻ることができます。
    • 昼間を狙って狂気状態になれば影の怪物も倒しやすいです。特にゲーム初期は夜も短いのでゲーム開始すぐにパペットを召喚し防具と剣で狂気状態になったあと、怪物を狩って悪夢の燃料を量産しておくのも良いでしょう。他にもBeardlingSWならCrabbit)を狩る方法もありますが、こちらは必ずしも悪夢の燃料を落とすとも限らないので時間がかかってしまうかもしれません。
  • 正気度の回復能力のおかげで他のキャラだと頻繁に実行できないような行動を惜しみなく行うことができます。(例:墓穴を掘る、邪悪な花を摘む、魔法古代アイテムを使う、正気度が減少してしまう食料を消費できる等)
    • 逆にタムオシャンターテントタフィーなどの正気度回復アイテムはマクスウェルにとって大したメリットとなりません。彼の回復量はの間や洞窟または遺跡にいる時の正気度減少量をはるかに上回るため、普段の生活における正気度管理にはほとんど気を配る必要はありません。それよりも事故死を避けるためにフットボールヘルメットなどの防具を身に着けておくと良いでしょう。
  • まだ資源の揃っていない序盤にハウンドボスモンスターと戦う時は必ずナイトアーマーを装備しましょう。ダメージを95%カットしてくれる優秀な防具です。
    • ナイトアーマー、ダークソード装備+パペットの援護があれば序盤でもそこそこの戦いを見せてくれるでしょう。
  • パペットを使用した戦闘は弱い敵なら問題ありませんが、中堅以上の強さを持つモブはマクスウェル本人の補助がないとパペット達はすぐに死んでしまいます。補助には氷の杖炎の杖あたりが使いやすいでしょう。前者は敵が攻撃を行う前に使用すればパペットへのダメージを阻止することができますし、後者は敵の攻撃を止める上に相手に少しずつダメージを与えることができます。(ただし着火したまま相手が死ぬとドロップアイテムも燃えてしまうので注意)
    • モブの行動パターンを把握すればパペット達を最大限活用することができます。(例:トールバードは一度ターゲットを決めたら他から攻撃を受けても対象を変えない性質を利用して、まず最初にマクスウェルをターゲットにさせ、後の攻撃はパペット達に任せれば簡単に倒すことができます)
  • マクスウェルは最初から紫色の宝石と悪夢の燃料を所持しているので他のキャラよりもシャドウマニピュレーターを作成する手間が省けます。かつ、この施設があればナイトアーマーとダークソードの作り直しもできます。
  • 通常、マクスウェルが伐採や採掘の作業を止めるとシャドウパペットも作業を中止します。しかし、マクスウェルが、例えばつるはしで岩石を掘る時につるはしが岩に当たる直前に別のアイテムに持ち替えるか別方向に移動して採掘行動をキャンセルした場合、パペット自身は採掘行動をキャンセルできず一度だけ余分に岩を掘る形になります。これを利用して行動→素早くキャンセルで自身の道具の耐久値を損なうことなくパペットのみに行動を行わせることができます。多少強引なやり方ではありますが、道具を作る材料が不足しておりどうしても資源を節約したい時などに役に立ちます。
  • ゲームも遺跡探索ができる頃合いになればもう悪夢の燃料には困らないでしょう。地下に出現する影の怪物ナイトメアサイクルが一周すれば自然消滅し、悪夢の燃料を落とします。かつマクスウェルならば地下にいる事での正気度減少効果を打ち消すことができるため、あとは満腹度と体力のみ気にしてひたすら逃げ回っていれば容易に悪夢の燃料が手に入ります。
    • 地上での悪夢の燃料の量産方法として、邪悪な花の近くに捕まえたハチを放し彼らの受粉能力を利用して花を増やし、悪夢の燃料の材料である闇の花びらを採取する方法もあります。
  • マクスウェルは体力が低いのと、コーデックス・アンブラの使用時にダメージを受けるため死ぬリスクが高いです。なのでなるべく命のアミュレットを持っておくようにしましょう。同じ復活アイテムである身代わり人形はただでさえ少ない体力の最大値を減らすことになるのでおすすめできません。(一体建てるとHP45しか残らなくなる)従ってヒゲの需要はマクスウェルにはほぼ無いと言っても良いでしょう。
  • DLCでは濡れ度が100になり、かつ濡れた状態のアイテムを装備してもマクスウェル自身の正気度回復量を上回ることはありません。したがって濡れ度による弊害では道具が滑る事と、凍結だけ気にしていれば良いということになります。

Freedom suits me.
(私には自由が似合っているな)

Maxwell

Maxwell(マクスウェル)(またの名をWilliam Carter(ウィリアム・カーター))はDon't Starve Togetherにおいてプレイできる12人のキャラクターのうちの1人です。もともとはDon't Starveの世界の支配者でしたが、アドベンチャーモードで玉座から解放された後は統治権をチャーリーに譲り、ウィルソン達の仲間に加わりました。

彼は影の扱いに長けており、コーデックス・アンブラを使って自身の影の分身を生み出すことができます。体力は75とかなり低いですが、それを補って余りある正気度回復能力を持ち合わせています。従って、彼を使用するときはなるべく自分が前線に立つようなことはせず、持ち前の正気度を駆使して影と共に生活していくプレイスタイルとなるでしょう。

Codex Umbra 特殊能力 編集

Shadow Summon

Maxwell fragmenting his mind.

Glommer メイン記事:Codex Umbra

マクスウェルはそのオシャレな身なりのおかげで、正気度が自動で6.25Sanity/分ずつ回復していきます。また彼はゲーム開始時から悪夢の燃料x4と専用アイテムであるコーデックス・アンブラを所持しています。

コーデックス・アンブラはウィッカーボトムと似たようなアイテムですが、こちらは耐久値はなく無限に使用することができます。(ただし紛失したら再度作成する必要あり)本を地面に置いてから近くに立つとシャドウタブが開き、ここから自身の分身「シャドウパペット」を召喚することができます。パペットは4種類あり、それぞれ目的に応じた行動を全自動で行います。一度召喚したら体力が0になるかマクスウェルがCtrl+Fで攻撃を加えない限り永久に使用することができます。パペットが消えると悪夢の燃料を1つドロップし、召喚に使用した最大正気度が戻ってきます。

さらにマクスウェルはウィッカーボトムが作成した本を使用することができます。

欠点編集

マクスウェルは体力が75と致命的に低く、十分な防具の準備が無い限り戦闘は非常に危険なリスクを伴います。また、彼の正気度回復能力が仇となって狂気状態を維持し続ける事が難しくなっています。これは例えば、正気度を下げて悪夢の燃料を集める作業がしにくくなることを意味します。

Shadow Digger

(地面を掘るタイプ)

Shadow Miner

(岩石を採掘するタイプ)

Shadow Logger

(木を切るタイプ)

Shadow Duelist

(戦うタイプ)

Shadow Digger Shadow Miner Shadow Logger Shadow Duelist
必要材料 必要材料 必要材料 必要材料
Nightmare Fuelx2 Shovel Sanity 20%(最大値より) Nightmare Fuelx2 Pickaxe Sanity 20%(最大値より) Nightmare Fuelx2 Axe Sanity 20%(最大値より) Nightmare Fuelx2 Spear Sanity 35%(最大値より)
マクスウェルの近くにある切り株墓穴を掘り返します。苗木草の茂みベリーの茂みといった植物は掘り返しません。 マクスウェルの近くにある鉱物を砕きます。 マクスウェルの近くにあるToadstoolSporecapを切ります。 マクスウェルに敵対するモブに対して攻撃を行います。ただし影の怪物とは戦いません。

Prototype ワンポイント 編集

Glommer こちらも参照:Guides/DST 各キャラクターの立ち回りまとめ

  • パペットを使用すればショベルの消費を抑えることができます。さらに墓穴を掘った時の正気度減少ペナルティも無いため、回復アイテムを他のプレイヤーにまわすこともできます。
  • ウィッカーボトムと比較して、自身の正気度回復能力に加えてテントで眠ることができるので本使用後の正気度の持ち直しが容易です。
  • シャドウパペットを複数体召喚すると正気度の最大値も大幅に減少しますが、逆にこれを利用して長時間狂気状態を維持し続ける事が可能となります。
    • 昼間を狙って狂気状態になれば影の怪物も倒しやすいです。他にもBeardlingを狩る方法もありますが、こちらは必ずしも悪夢の燃料を落とすとも限らないので時間がかかってしまうかもしれません。
  • 正気度の回復能力のおかげで他のキャラだと頻繁に実行できないような行動を惜しみなく行うことができます。(例:墓穴を掘る、邪悪な花を摘む、魔法古代アイテムを使う、正気度が減少してしまう食料を消費できる等)
    • 逆にタムオシャンターテントタフィーなどの正気度回復アイテムはマクスウェルにとって大したメリットとなりません。彼の回復量はの間や洞窟または遺跡にいる時の正気度減少量を上回るため、普段の生活における正気度管理にはほとんど気を配る必要はありません。それよりも事故死を避けるためにフットボールヘルメットなどの防具を身に着けておくと良いでしょう。
  • パペットを使用した戦闘は弱い敵なら問題ありませんが、中堅以上の強さを持つモブはマクスウェル本人の補助がないとパペット達はすぐに死んでしまいます。補助には氷の杖炎の杖あたりが使いやすいでしょう。前者は敵が攻撃を行う前に使用すればパペットへのダメージを阻止することができますし、後者は敵の攻撃を止める上に相手に少しずつダメージを与えることができます。(ただし着火したまま相手が死ぬとドロップアイテムも燃えてしまうので注意)
    • モブの行動パターンを把握すればパペット達を最大限活用することができます。(例:トールバードは一度ターゲットを決めたら他から攻撃を受けても対象を変えない性質を利用して、まず最初にマクスウェルをターゲットにさせ、後の攻撃はパペット達に任せれば簡単に倒すことができます)
  • マクスウェルは体力が低いため死ぬリスクが高いです。なのでなるべく命のアミュレットを持っておくようにしましょう。

Placeholder トリビア 編集

ゲーム内編集

  • マクスウェルの声はハーモニウム(リード・オルガン)です。
  • マクスウェルの本名はWilliam(ウィリアム)、すなわち彼もプレイキャラの名前が「W」で始まる法則に当てはまります。
    • マクスウェル(プレイキャラ)のゲームファイルの名称は「Waxwell」となっています。これはそれぞれプレイキャラとNPCのマクスウェルのデータが競合しないように付けられていると考えられます。
    • マクスウェル(プレイキャラ)は、彼がリリースされる以前はファンから「Waxwell」という愛称で呼ばれていました。
  • 現在マクスウェルは経験値でアンロックできない5人のキャラクターのうちの1人となっています。(他の4人はWesWebberWilburWoodlegsです。)
  • マクスウェルでゲームを始めた時は他キャラクターのようにお出迎えが無い代わりに起き上がった後「Freedom, at Last!(自由だ、ついに!)」と叫びます。
  • End of the Beginning」アップデートトレーラーの最後に登場するマクスウェルは丸みを帯びたアゴをしています。しかし、ゲーム内では角ばったアゴとしてデザインされています。
  • All's Well That Maxwell」アップデートでCodex Umbraが追加され、彼の戦闘時の音声も変更されました。
  • に当たると他のキャラと同様髪の毛にも骨が見られます。加えて、マクスウェルは上着の袖にも骨が見られます。
  • マクスウェルは自身の頭蓋骨の画像データを持たない5人のキャラクターのうちの1人です。(他の4人はWigfridWalaniWarly、Woodlegsです。)
  • ゲームの仕様上、NPC時のデザインに比べてプレイキャラ時のデザインはかなり頭身が下げられています。
    • マクスウェルでアドベンチャーモードをクリアし悪夢の玉座に座った時、再び頭身が上がりNPCデザインに戻ります。
  • 通常は暗闇で死んだ場合、モルグでは死因の欄に「Darkness」と書かれますがマクスウェルを使用している時に同じように死ぬと死因に「Charlie」と書かれます。
  • 過去のバージョンではキャラ選択画面におけるマクスウェルの説明文の3つ目の文章は「Brings his own sword.(自前の剣を持っている)」でしたが現在は変更されました。

バックストーリー編集

  • マクスウェルは「Don't Starve」というゲームそのものを認識している、すなわち第四の壁を破ったセリフをしばしば呟きます。例:豪華なつるはしを調べた時の「This must be game logic.(ゲームのお約束みたいなもんさ)」というセリフ。(おそらくウィルソンの「Hey, isn't gold really soft?(あの、金って柔らかいんじゃ?)」というセリフに対応している)
  • マクスウェル曰く、トールバードは彼の失敗作であるとのことです。
  • ウィリアム・カーター・パズルにて、ジャック・カーターの手紙に書かれている「双子」とはウェンディアビゲイルを示していると考えられています。 少なくとも、彼女らとマクスウェルの間には何らかの関係があると考察できます。
    • 関係を示唆する一例として、ウェンディがマクスウェル(NPC)を調べると「I feel a strange kinship with him.(彼とは妙な繫がりを感じるの)」と呟き、DSTにてマクスウェルがアビゲイルの花を調べると「Hm? What a familiar presence.(フム?どこかで見たような…)」と呟きます。
  • マクスウェルのロード画面の説明文によると悪夢の玉座が彼にどんな影響を与えていたのかを垣間見ることができます:「Maxwell's extended reign on the Nightmare Throne altered him in ways that are not yet fully understood. He continues to rely heavily on his tome, the Codex Umbra, as a result.(謎多き玉座の力はマクスウェルを支配し、幾ばくかの変化を及ぼした。その結果として、彼はコーデックス・アンブラに大きく依存することになる。)

元ネタ編集

  • マクスウェルという名前は「マクスウェルの悪魔」という物理科学分野の問題からきていると考えられます。
  • マクスウェルの過去の「ウィリアム・カーター」、「マジシャン」という要素はおそらく20世紀初頭に実際にマジシャンとして活動していたチャールズ・カーターが元ネタであると考えられます。
  • ブタの小屋を調べるとき、彼は「I'll huff and puff!(ふーっと吹いてぷーっと吹くぞ!)」と言います。これは、童話『三匹の子ぶた』からの引用です。
  • ダークソードを調べた時の「Snicker-snack!」というセリフは、ルイス・キャロル『鏡の国のアリス』の作中詩『ジャバウォックの詩』からの引用です。
  • 玄武岩を調べた際の「I made a rock so heavy that I can't lift it.(私はその岩をとても重く作った。ゆえに、私はそれを持ち上げることはできない)」というセリフは哲学的問題である『全能のパラドックス』からの引用です。

Blueprint ギャラリー編集

Gramophone 音声編集

通常ボイス
Maxwell Voice
ダメージ時
Maxwell Hurt Voice
死亡時
Maxwell Death Voice
溺死時(Shipwrecked icon)
Maxwell Drowning Voice
ゴースト状態時(Don't Starve Together icon)
Maxwell Ghost Voice
感情モーション実行時(Don't Starve Together icon)
Maxwell Pose Voice
「/sleepy(眠い)」の感情モーション実行時(Don't Starve Together icon)
Maxwell Sleepy Voice
「/yawn(あくび)」の感情モーション実行時(Don't Starve Together icon)
Maxwell Yawn Voice
「/carol(キャロル)」の感情モーション実行時(Don't Starve Together icon)
Maxwell Carol Voice

脚注編集


キャラクター
Wilson セリフ ⋅ 衣装Willow セリフ ⋅ 衣装Wolfgang セリフ ⋅ 衣装Wendy セリフ ⋅ 衣装WX-78 セリフ ⋅ 衣装Wickerbottom セリフ ⋅ 衣装Woodie セリフ ⋅ 衣装Wes セリフ ⋅ 衣装Maxwell セリフ ⋅ 衣装Wigfrid セリフ ⋅ 衣装Webber セリフ ⋅ 衣装Winona セリフ ⋅ 衣装Walani セリフ ⋅ 衣装Warly セリフ ⋅ 衣装Wilbur セリフ ⋅ 衣装Woodlegs セリフ ⋅ 衣装未実装キャラ