Icon Books.png この記事はやや限定的かつ主観的な意見が含まれているかもしれません。
閲覧の際は全てを鵜呑みにせず、適宜内容を汲み取るよう心掛けて下さい。

Don't Starve Togetherにおける各キャラクターごとの立ち回りをまとめたページになります。主に他のキャラとの兼ね合いに関わるコツを紹介する場になります。それぞれ序盤/終盤に活躍・戦闘や探索向け/拠点管理向けと個性があるのでキャラごとの特性を理解しつつより良いサバイバル生活を過ごしましょう!

Wilson Portrait.png Wilson(ウィルソン)[編集 | ソースを編集]

立ち回り[編集 | ソースを編集]

  • ヒゲによる防寒効果が高いのでの探索役に向いています。
  • ヒゲから身代わり人形が作りやすいことが彼の長所でもありましたが、蘇生の仕様がシングル版と変わったため人形の使い勝手が悪くなりました。(死んでも人形の元へワープしないため、ゴースト状態で人形の場所まで行かないといけない)
    • さらに、DSTでは蘇生方法が増えたためより重要性が低くなっています。(エンドレスモード華やかな門告げ口心臓等)
    • ヒゲを材料にしたアイテムとしてバーニーが追加されたので、ウィローがいるのであればそちらの作成に使った方が良いかもしれません。

いたわり[編集 | ソースを編集]

  • 欠点の無いキャラなので特に気を遣う要素はありません。

Willow Portrait.png Willow(ウィロー)[編集 | ソースを編集]

立ち回り[編集 | ソースを編集]

  • 彼女のライターは耐久性が高いため、の拠点への帰り道などに安定した灯りとして使えます。
    • よって序盤の松明焚き火の材料は他の人に譲ってあげましょう。
    • 資源に余裕があれば周りに配ってあげるのもいいでしょう。ただし必須ではないため他に優先するクラフトがあれば当然後回しにしてください。
    • 調理機能は遠征先における焚き火の節約に有効です。例えば、地下探索などの出先に採取した緑もしくは青キノコを焼いて正気度を回復したいときに使えます。
  • バーニーは正気度が大幅に下がるボス戦時にお守りとして置いておきましょう。影の怪物の攻撃による事故死を減らすことができます。
    • 特にAncient Fuelweaverと戦う舞台ではあえて狂気状態にならないといけない場面があるので置いておくに越したことはないでしょう。
    • 拠点など、人が訪れやすい場所に置いておけば他の誰かが狂気状態に陥った時の目安となります。
      • 余裕があれば影の怪物と戦ってあげましょう。(正気度が回復するのは影の怪物にトドメを刺したキャラなのでその辺も考えて)
  • 暑さに強く熱中症になりにくいため夏の遠征は彼女に任せましょう。

いたわり[編集 | ソースを編集]

  • 正気度に関しては回復手段が多いので他プレイヤーからの補助はあまり必要ありません。
  • このキャラを使った放火荒らしは珍しくないため、途中参加は警戒されがちです。最初にコミュニケーションをとってあげましょう。(無視されるようなら警戒するべき)
  • 凍結に弱いため、あまり冬の探索はさせないようにしましょう。

Wolfgang Portrait.png Wolfgang(ウルフガング)[編集 | ソースを編集]

立ち回り[編集 | ソースを編集]

  • 満腹時の戦闘能力はウィグフリッドよりも頼りになります。が、代償として満腹度が減りやすいことを考えるとその状態を維持するのは考え物です。
    • 特に序盤は他のキャラの分まで食べ過ぎてしまわぬよう注意しましょう。戦闘もほどほどに。
    • 拠点が整い武器食料に困らなくなったら本領発揮です。強敵を叩きのめそう!
  • ウィグフリッドに武器と防具を作ってもらえれば鬼に金棒なので彼女と一緒にプレイするのがいいでしょう。
  • 正気度を下げやすく攻撃力も高いため、影の怪物を狩って悪夢の燃料を集めてあげると喜ばれます。
  • 役割を考えると体力を回復するレシピは覚えておくべきです。
    • ドラゴンパイをウィッカーボトムに頼んで量産してもらうのもいいでしょう。
  • 慣れないと拠点の食料を無為に浪費しがちで、ボスとの戦闘も役割なのでDSTでは上級者向けと言えます。

いたわり[編集 | ソースを編集]

  • ハウンドボスの予兆があれば食料を渡してあげてください。きっと期待に応える戦いをしてくれます
  • 正気度回復アイテムは彼に譲ってあげてください。ウィグフリッドと異なり敵を倒しても正気度が回復しない上、特性と役割で正気度が減りやすいです。
    • とは言えテントで寝れるのでそこまで深刻でもないかもしれません。

Wendy Portrait.png Wendy(ウェンディ)[編集 | ソースを編集]

立ち回り[編集 | ソースを編集]

  • 初心者で戦闘役を引き受ける場合はまずウェンディを選ぶのがおすすめです。ハウンドの襲撃もアビゲイルに任せれば楽に対処できます。戦闘時はアビゲイルの花に話しかけて「Rile up(怒らせる)」状態にするのを忘れずに。
  • ただし怒らせた状態のアビゲイルは自動で攻撃を行うのでレッドハウンドなどの火事の危険性があるモブを相手にする場合は拠点から十分離れましょう。
  • 序盤の食料調達係は彼女に任せても良いかもしれません。
    • アビゲイルを利用すればクモを一掃しモンスターの肉を量産できます。カエルの集団も難なく倒せます。また、花畑に赴いてチョウを倒せば楽にかさまし食材を確保できます。
  • ただし触手トールバードなど中堅どころの敵やボスモンスターを相手にする場合はアビゲイル単体では押し負ける可能性が高いです。この場合は他のプレイヤーと協力することも考えましょう。
  • 暗闇での正気度減少スピードが他のキャラと比べて遅いのでの時間を有効に使いましょう。
    • 夜間にクモの巣地帯に出向けばアビゲイルの攻撃力は2倍になるのでほぼ無双できます。(ウェバーがいない場合はウェンディが率先してクモを狩ってあげましょう。)
    • 彼女に地下探索を任せるのも良いかもしれません。
  • シスターンは低コスパの正気度回復施設として便利なので、回復アイテムが不足しがちな序盤はなるべく稼働させておきましょう。
    • 野外炉のそばに設置しておけば夜間はウォルターの物語で相乗効果も狙えます。

いたわり[編集 | ソースを編集]

  • 体力の高い敵と戦闘させると消耗が激しいので、それらは倒してあげましょう。
  • 致命的な欠点はないのであまり助けは必要ないです。

WX-78 Portrait.png WX-78[編集 | ソースを編集]

立ち回り[編集 | ソースを編集]

  • ギアは序盤の内は大変貴重なアイテムであるため、まずは冷蔵庫自動消火器作成のために譲ってあげましょう。
    • 拠点が充実して、遺跡探索をする余裕ができてからが本番です。遺跡はギアが豊富な上、資源を取りつくしてもAncient Fuelweaverを倒せばまた復活します。
    • 自分の豪運を頼りに砂漠で拾ったギアであれば食べても文句は言われません。それでも拠点にギアがないならそちらを優先してあげましょう。
  • 傷んだ食材にペナルティがないので、優先して食べましょう。
    • 消費期限ギリギリまで食べ物を持っていられるので、長期遠征を彼に任せるのも良いでしょう。

いたわり[編集 | ソースを編集]

  • アイブレラは彼に譲ってあげましょう。
  • 致命的な欠点がないので周りからの助けはあまり必要ありません。

応用[編集 | ソースを編集]

  • WX-78のオーバーロード状態は雷一回につき一日分延長されます。この時間延長は重ね掛け可能であるため、ウィッカーボトムの「The End is Nigh!(終末は近い)」の本で一度に複数回雷を当ててもらえば数日間は光源要らず、かつ素早い移動速度が望めます。(もちろん十分な正気度回復手段は確保しておくこと。雷がどこに落ちても良いように開けた場所で実行、かつウィッカーボトムに雷が落ちないようレインハットレインコートアイブレラを装備させること。)

Wickerbottom Portrait.png Wickerbottom(ウィッカーボトム)[編集 | ソースを編集]

立ち回り[編集 | ソースを編集]

  • サイエンスマシンが必要なアイテムが最初から作成可能であるため、スタート時は他プレイヤーにショベルバックパックを作ってあげると良いでしょう。
  • 彼女のを作れる能力は拠点の充実に大いに役に立ちます。食料の生産は優先事項ですが、余裕があればOn Tentacles(触手の上に)の本でトラップゾーンを作ったりすると良いです。その場合目印(看板など)を建てるか他プレイヤーに伝えることを忘れずに。
    • マクスウェルも本が読めるので拠点の管理は体力の低い彼に任せて、自身は探索に向かうのも良いでしょう。
  • ボス討伐前の準備として本を使ってドラゴンフルーツを育成し、ドラゴンパイを量産してあげましょう。
  • まだ鳥籠を作成していない時、を本に加工するなら一言訊ねておきましょう。
  • 敵対モブに対してSleepytime Stories(おやすみ前のお話)の本を使えば危険をやり過ごせます。DSTではプレイヤーが多いとハウンドであっても脅威なので、対処できない場合は寝かしつけてやりましょう。
  • Birds of the World(世界の鳥)の本でを召喚し、The End is Nigh!(終末は近い)の本を使ってまとめて倒すことでクランパスの召喚係になれます。クラパスサックが欲しい場合に他プレイヤーに呼びかけてみましょう。
  • 告げ口心臓は使用したキャラクターの正気度を大幅に回復します。進んで蘇生してあげよう。

いたわり[編集 | ソースを編集]

  • 本の材料にパピルスが必要なのでを集めると喜ばれます。
  • 眠れないため正気度回復アイテムは譲ってあげましょう。

Woodie Portrait.png Woodie(ウッディ)[編集 | ソースを編集]

立ち回り[編集 | ソースを編集]

  • 他のキャラクターより早く丸太を集められるため(約4倍速)面倒な木こりは進んでやりましょう。
    • その行動からツリーガードに狙われることが多いです。ただし動きが遅くたいして強くもないので一人で倒せるようになりましょう。
  • 別の形態へ変身中はデメリットが多く、長期使用に向いていません。利用はフリントが見つからないときに最終手段で岩石を砕いたり木を掘り起こすくらいにとどめ、そうでないならすぐに人の姿に戻りましょう。
    • 満月の変身対策のため、前もって月時計月齢をしっかり把握しておきましょう。
  • トードストゥールと戦う場合はSporecapを切る役に回りましょう。

いたわり[編集 | ソースを編集]

  • マクスウェルは木こりを彼に任せましょう。彼のやることがなくなります。
  • ウィッカーボトムは木を成長させられるので、協力して木をたくさん増やせます。

Wes Portrait.png Wes(ウェス)[編集 | ソースを編集]

立ち回り[編集 | ソースを編集]

  • 縛りプレイ目的のキャラです!知り合いと一緒にやるのでなければ彼でプレイするのはやめましょう。食料を無駄に消耗し、戦闘力が低いため生産性もないです。(人が多い野良サーバーでウェスとして参加する場合、ごくまれにキック対象となる場合があります)
  • 風船正気度を消耗する割には役に立たないです。
  • ゲームの情報をほぼ暗記しているプレイヤーであれば彼でプレイしてもいいでしょう。その場合、率先して役に立てるよう動きましょう。

いたわり[編集 | ソースを編集]

  • 彼を選ぶようなプレイヤーは覚悟をしているはずなので非常時以外に助ける必要はありません。自分でなんでも出来るはずです。出来ないならそもそも選んではいけません。

Waxwell Portrait.png Maxwell(マクスウェル)[編集 | ソースを編集]

立ち回り[編集 | ソースを編集]

  • 体力が致命的に低いので探索や戦闘には向いていません。が読めるので拠点で農場の世話をしたりシャドウパペットで資源を集めたりする方が向いています。
  • シャドウパペットを複数体召喚すれば伐採や採掘による資源集めの効率が格段に良くなります。
    • ただしウッディがいるなら木こりは彼に任せて他のことをしましょう。
    • 洞窟での採掘はマクスウェルに任せてしまって良いでしょう。正気度減少を気にしなくて良いので他のキャラより断然動きやすいです。(その代わり体力が低いので地震の落石に注意する事。)
  • 自動で正気度が回復するので回復アイテムは譲ろう。
  • 本の使用には正気度を消費するため、ウィッカーボトムより使い勝手が良いです。

いたわり[編集 | ソースを編集]

  • 他のプレイヤーは耐久性が数%に下がった道具があれば彼のために置いといてあげると良いでしょう。フリントが不足することはほぼ無いですが、召喚のために道具を作るのは勿体ないです。
  • 体力が低いのでボス戦やハウンド襲来時は戦闘を任せっぱなしにしないようにしましょう。
  • 蘇生時の体力最大値減少が致命的なのでブースターショットは譲ってあげましょう。

Wigfrid Portrait.png Wigfrid(ウィグフリッド)[編集 | ソースを編集]

立ち回り[編集 | ソースを編集]

いたわり[編集 | ソースを編集]

  • 肉類しか食べれないため周りはそれを考慮しましょう。
    • 特に彼女は体力回復アイテムとして便利なドラゴンパイを食べることができません。農場を作る時はドラゴンフルーツの他にできれば野菜も育ててピエロギを作り置きしてあげると喜ばれます。(肉はウィグフリッド自身が調達してくれるでしょう)
  • 他に欠点らしいものはないため調理鍋岩石地帯があれば力強く生きていくでしょう。

Webber Portrait.png Webber(ウェバー)[編集 | ソースを編集]

立ち回り[編集 | ソースを編集]

  • 彼はクモに敵対されないのでクモの巣周辺のアイテムを楽に回収できます。
  • クモの巣に反応されないので昼間にクモを呼ぶには巣を殴る必要があります。これは成長した巣に対して行うとスパイダーウォリアーを召喚してしまうため危険です。狩りをするなら夕暮れ以降にしましょう。
    • 夜間にウェンディとアビゲイルを誘って手伝ってもらうのも良いでしょう。
  • クモの巣を所有しているので早いうちから拠点近くに狩場を作れます。拠点近くといっても1画面分は離して作らないとまわりは大迷惑します。
  • が早く集まるので拠点を充実させるのに大活躍します。
  • の探索はウェバーが適任かもしれません。クモを仲間に出来るのでマームに襲われたときに守ってもらうのも良いですし、クモと触手がケンカしていたら簡単にアイテムを横取りできます。集めのついでにドロップアイテムを拾っておくと良いでしょう。

いたわり[編集 | ソースを編集]

  • ブタバニーマンに敵対されるのでそれぞれの小屋は遠くに作ってあげよう。またブタの王様との金塊交換が大変なのでやってあげよう。(周りにブタ小屋が多くあるため)
  • 糸のヒゲは本人の防寒具代わりになるのでの間は当てにしないこと。糸が欲しければ素直にクモの巣で狩りをしましょう。
  • ブタに餌やりができない都合、ウェアピッグを召喚するのも大変なのでそれらの作業もやってあげましょう。

Winona Portrait.png Winona(ウィノナ)[編集 | ソースを編集]

立ち回り[編集 | ソースを編集]

  • アイテムの作成速度が速いので拠点製作が得意な人が選ぶと良いでしょう。
  • 信頼のテープは材料も集めやすく、使い勝手が良いので拠点に作り置きしてあげましょう。
  • ボス討伐前の道具量産(傷薬とか木の鎧とか)を手伝ってあげましょう。準備時間が半分で済みます。
  • チャーリーからの攻撃が一撃無効(事故死が少ない)であることに加えて、逃げ回りながらアイテムを作成できるので暗い&モンスターに追い回されやすい洞窟遺跡探索に向いています。
  • 投石器は強力ですが、木の柵を破壊してしまうので周囲の状況を見ながら設置しましょう。

いたわり[編集 | ソースを編集]

  • ウィルソンと並んで欠点の無いキャラなので特に気を遣う要素はありません。
  • アイテム製作役はなるべく彼女に譲ってあげましょう。

Warly Portrait.png Warly(ウォーリー)[編集 | ソースを編集]

立ち回り[編集 | ソースを編集]

  • 食事係として拠点で皆のご飯を作ってあげるのがメインです。
  • Chef Pouchがあればゲーム序盤の遠征もしやすいです。(後半は包装紙があれば鮮度問題は解決するので必要なくなるかもしれません)
  • 調理鍋携帯調理鍋の料理を有効に活用しましょう。何も食事はミートボールだけではありません。他のプレイヤーの状況を見ながら、体力正気度の回復も視野に入れた料理が作れるようになるのが理想です。

いたわり[編集 | ソースを編集]

  • 色々な料理を作る必要があるため、冷蔵庫が材料で一杯になりやすいです。大目に冷蔵庫を設置できるようギアを集めてあげると喜ばれます。
    • もしくは、包装紙を多めに渡して食料の貯蔵に使いましょう。

Wormwood Portrait.png Wormwood(ワームウッド)[編集 | ソースを編集]

立ち回り[編集 | ソースを編集]

  • を植えて作物を育てることができるので肥料や設備の少ないゲーム序盤の食料確保に非常に役に立ちます。
    • 色々な作物を育ててウォーリーに渡してあげれば、色々な料理を作ってくれるでしょう。

いたわり[編集 | ソースを編集]

  • 食べ物で体力の回復ができないので傷薬テントなどの回復アイテムは譲ってあげましょう。
  • 探索ついでに種を拾ってワームウッドにあげましょう。作物を育ててくれますし、彼にとっては正気度の回復手段でもあります。

Wortox Portrait.png Wortox(ウォルトックス)[編集 | ソースを編集]

立ち回り[編集 | ソースを編集]

  • を地面に置いて皆の傷を癒す回復係です。ボスとの戦闘には積極的に参加しましょう。
  • 魂の収集にはチョウを倒すのが道具がいらない分一番手っ取り早いです。拠点に花畑を作って魂を確保できるようにしときましょう。
    • ただし、狩り過ぎによるクランパスの出現には十分注意しましょう。
  • 魂で体力を回復できるため戦闘向きのキャラと言えます。また、魂を食べることで正気度が減るので影の怪物と戦う機会も自然と増えると思います。積極的に怪物を狩って悪夢の燃料を集めましょう。
    • 集めた燃料はマクスウェルにプレゼントしてあげればきっと喜ばれます。

いたわり[編集 | ソースを編集]

  • ウェバーと同じくバニーマンブタから敵対されるため、彼らを利用した作業は不可能です。
  • 食料が安定するまでは魂がメインの食料となるため正気度が減りがちです。正気度回復アイテム(特にタムオシャンターなどの衣類アイテム)は優先的に回してあげましょう。
    • ウィローはお守りとしてバーニーをプレゼントしてあげるといいでしょう。影の怪物の攻撃による事故死を減らすことができます。

Wurt Portrait.png Wurt(ワート)[編集 | ソースを編集]

立ち回り[編集 | ソースを編集]

  • かなり癖のあるキャラであるため、初心者にはおすすめできません。せめて安定して越ができるようになってから選択するようにしましょう。
  • マームの村を作る場合はなるべく拠点から離すか、周囲をしっかり壁で囲っておいた方が安全です。(マームの王様をうっかり餓死させた場合敵対する危険性がある)
  • 触手の位置がわかるため、沼地の探索は彼女に任せると良いでしょう。
  • で溺れたときのデメリットが無いため、海の探索も彼女に任せると良いでしょう。

いたわり[編集 | ソースを編集]

  • ブタから敵対されるため、彼らを利用した作業は不可能です。ブタの王様とのアイテム交換もできません。
  • 肉類が食べられないので冬はかなり厳しいです。食べ物の備蓄は余裕をもって行いましょう。

Walter Portrait.png Walter(ウォルター)[編集 | ソースを編集]

立ち回り[編集 | ソースを編集]

  • めったに戦闘を行わない&探索に集中したいという人におすすめです。ウォービーに乗って素早く移動したり、最初からたくさん物を持ち運べるのでワールド探索、アイテム収集、運搬に最適なキャラです。
  • 暗くなっても正気度が減らないため、夕方~夜間の地上や、地下の探索が快適に行えます。
  • 夜が長いの多いは他プレイヤーの正気度が下がりやすいので、回復アイテムが不足しがちな序盤はなるべく物語を聞かせるようにしましょう。
  • モンスターの肉があればすぐに怪しげな大理石が運べるので時間があるときにでも運んでしまいましょう。

いたわり[編集 | ソースを編集]

  • 他にプレイヤーがいない場合を除き、ウォルターに告げ口心臓を作らせるのは控えましょう。心臓を作るときに正気度が大幅に消費されるため、他プレイヤーを復活させた時の恩恵が相殺されてしまうからです。
  • 凍結熱中症では正気度も減少してしまうため、防寒具やサーマルストーンは優先的に回してあげましょう。
  • 余裕があればモンスターの肉は彼に渡してあげましょう。
  • ハチに弱いので、キラービーの巣の群衆を見つけたら駆除してあげましょう。(ウェンディあたりが便利)
  • 養蜂箱からのはちみつ回収もなるべく他の人がやってあげましょう。
  • ビークイーンとの戦闘もなるべく出さないようにしましょう。
ゲームガイド
初心者向け 基本的な操作と仕組み | 初心者向けガイド | 夜間について | 大まかなイメージ
ダウンロードコンテンツ Reign of Giantsについて | Shipwreckedでサバイバル
キャンプ ベースキャンプ | カエルの池キャンプ | 自給自足
生産 金塊の量産 | Nightmare Fuelの量産 | スルートルスライムについて
サバイバル 敵対モブの殺し方 | どうやって生き残るか | ハウンド襲撃への対処法 | キノコの活用法 | 洞窟探検ガイド | 夏の洞窟キャンプ | 初めての越冬 | 調理鍋で料理
技術的なもの コンソールコマンド | 日本語化の方法
Dedicated Serverの建て方 Don't Starve Together icon.png
キャラクター Woodieの呪い | (各キャラクターの立ち回りまとめ Don't Starve Together icon.png
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。